水を止めよう | トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!

トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!

水を止めよう

「水を止めよう」のピクチャです。

トイレが詰まってしまった際、多くの人がトイレつまりの解消をしてくれる業者に「うちのトイレをなんとかしてくれ!」と、藁にもすがる思いで電話をかけます。
そうすることによって、すぐに自宅に専門業者がやってきて、様々な方法でトイレのつまりを解消してくれます。
なので、多くの人が「今から向かいます」と業者が行った瞬間に「神様ありがとう!」というような気持ちになり、安心しきってしまいますが、実はトイレが詰まった際には「やらないといけないこと」があるのです。

それは「水を止める」ということです。
トイレの水と言うのは基本的のボタンもしくはレバーなどを動かすことによって水が流れるようになっているのですが、その際には「タンク」と呼ばれる場所に溜まった水が便器の中に流れこむことによって、便器内に溜まった物を流すことが出来るようになっています。
その為、トイレが詰まっているとわかった後に「誤って水を流してしまうと、便器から水が溢れ出る」のです。

なので、業者に電話を行った後には「タンクに流れる水を止める」というのを忘れずに行うようにしましょう。
また、最近のトイレはスイッチを押す、もしくはセンサーが反応すると自動で流れるようになるタイプのトイレも有りますが、このようなトイレは主電源を切らなければ、中が詰まっていようがお構いなしに、無限に水が流れ続ける場合があります。
そのため、もし自宅のトイレがそのような種類のトイレなら、主電源を切っておくのを忘れないようにしましょう。


HOME | 水を止めよう | 自分で調べて直す | ポリマーに注意
© トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!