ポリマーに注意 | トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!

トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!

ポリマーに注意

「ポリマーに注意」のピクチャです。

トイレが詰まった際、多くの人が「トイレつまり大阪」という風に、自分が住んでいる地域にあるトイレつまりを解消してくれる専門業者を探すと思いますが、その前に「自分でどうにか出来無いだろうか」という風に調べる人が居ます。
そのような人の場合、トイレの中に水を流して流れるかどうかを調べますが、その前に一つ注意しないといけないことがあります。
それは「詰まっているものが高分子吸水ポリマーかどうか」という点です。

高分子吸水ポリマー、と聞くと多くの人が「そんなややこしい物なんか家にない!」という風に答えると思いますが、実はこの高分子吸水ポリマーというのは非常に身近な場所に存在しているものなのです。
それは「紙おむつ」そして「生理用品」です。
この高分子吸水ポリマーというのは、水分が接触すると凄まじい勢いで水を吸い込み、パンパンに膨れ上がる、という特徴があります。
そのため、紙おむつや生理用品のような「接触した水分を外に漏らしてはいけない物」の中にはこの高分子吸水ポリマーが混入されているのです。

なので、もしトイレの中に誤って使用済みの紙おむつや生理用品を流してしまった場合、水道管の中でこれらの製品が水を吸ってパンパンに膨れ上がり、いくら水を流しても流れない状態が出来上がってしまうのです。
このような状態になってしまった場合、個人ではどうしようもないので素直に業者を呼び、専用の道具で引っ張りだしてもらう必要があるので、水を流して流れるかどうかを確かめずに、すみやかに業者を呼ぶようにしましょう。


HOME | 水を止めよう | 自分で調べて直す | ポリマーに注意
© トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!