自分で調べて直す | トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!

トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!

自分で調べて直す

「自分で調べて直す」のピクチャです。

トイレが詰まった際、トイレつまりを解消してくれる専門業者に電話をかけ、つまりの解消を行ってもらいます。
その際にかかる費用というのは決して安くなく、更に「専門業者」は言い方を変えると「トイレのつまりを直すプロフェッショナル」なので、トイレをパッと見て道具を使って数秒ほどベコベコとラバーカップと呼ばれる道具を動かすだけでつまりを解消することが出来る為、多くの人が「この10秒くらいの時間のためにこれだけ払うのか……」と、嬉しいけれども素直に喜べない、という非常にフクザツな気分になります。

そのため、人によっては「業者に頼む前に自分で直せないかな」と考える人も居ます。
そのような人は、まずは「本当に水が流れないのか」というのを調べてみましょう。
つまりの原因となる物の大半は「トイレットペーパー」で、このトイレットペーパーが水道管を隙間なく塞いで水が流れない状況ができてしまうと、トイレが詰まった状態となってしまいます。
ですが、トイレットペーパーと言うのは「水に溶ける」という特徴があるので、実はトイレットペーパーが水に触れている状態で長時間放置していると、自然につまりが解消する、もしくは少しずつ水が流れていく、という状況を作ることが出来るのです。

なので、もし自分でトイレのつまりを直したい時には、まず「水を流して放置し、水が減っていくかどうか」というのを調べてみましょう。
もし少しずつでも流れていっているのなら、水道管に詰まったトイレットペーパーに隙間があるので、ラバーカップなどの道具を利用する、もしくは高いところから水を勢い良く流すことによってトイレットペーパーが一気に崩壊し、つまりが解消する可能性があります。


HOME | 水を止めよう | 自分で調べて直す | ポリマーに注意
© トイレつまり大阪で治すなら専門の業者に依頼しよう!